お馬鹿な株投資

お掃除シート

しちたろうの本職は基本的に新築現場の配管工事がメインの仕事なんですよ。
たまにはリフォームの仕事をしたりしますが、修理というのは殆どやらないんですよね。

修理工事というのは 新築でしちたろうの会社が仕事をやって住人が不具合を訴えてきた場合・・・世間で言う『アフターケア』的な工事しかやらないんです。

だから、修理工事っていう仕事自体は数少ないんですよ。
その数少ない修理工事でも確率的に高いのは『トイレつまり』です。

『まったく流れない訳じゃないんだけど、便器いっぱいに水が溜まってから徐々に流れていく感じ』という状態が殆どなんですけど・・・

自分でも何かつまっているんだと思ってズゴッズゴッってやってみるらしいんだけど、改善しないものだから 建築会社にクレームの電話を入れるんですね。

それで建築会社から しちたろうみたいな水道屋に連絡が来て出動って事になるんですね。
でも、しちたろうみたいなプロの水道屋が出動しても 『トイレつまり』の修理作業って 住人がやった作業と同じ事をやるしかないんですよね。
ズゴッズゴッってね
ただ、違うのは・・・・こっちはプロだという事です。
何が詰まっていようが、大抵のものはスッキリと取り除けますよ。







でも、新築したばかりの配管で そう簡単にモノが詰まるものなの?と思いませんか?

普通に使っていれば詰まりませんよ。
ホントです。

でも、実際に新築間もない住人からくるクレームは 殆ど『トイレつまり』なんです。







大抵の原因は『流せるお掃除シート』です。
便器を掃除して そのままポイと便器に捨てる事の出来る便利なお掃除アイテムですね。

あれって 詰まり易いんですよ。
水を含むと水で流すには重過ぎるくらいの重さになってしまうんですよね。しかも、最近の便器って『節水仕様』とかいって 流す水の量を必要最小限しか流さないように作られているんですよ。
更に住人によっては『節水』しようとして、タンクの中にペットボトルなんかを入れたりして詰まり易い状況が出来上がっているんですよね。

それじゃあ『お掃除シート』を使っちゃダメなの?と思いますよね。

ジャンジャン使っちゃってください。
だって、便利でしょ?
便利なものは使わないと・・・・・・ね

使い方を間違わなければ 詰まる事もないだろうしね。

まずは TVとかで『節約』『節水』と言って やっているようなタンクの中にペットボトルを入れるようなバカな事をやめてください
確かに昔の便器なら水の流れる勢いで流している方式のものが多いので有効な節約術と言えるんですけど、新しい便器はメーカが何千、何万というテストを繰り返して割り出した水量を基に設計・製作されているので、ヘタな節水方法をやるよりも有効な節水が成されているんです。
ペットボトルを入れると 1回で流れきらないで 2回、3回と無駄に流してしまって 結局、無駄に水を使ってしまう事になるんですよ。

そして、お掃除シートは使い終わってから直に流さないで下さい
便器に溜まっている水(専門用語では封水と言うんですけど・・)に暫く漬けて置いて、自然にシートの形が崩れてから水を流すようにしてください。
中途半端に水を含んだ状態だと 重たくなるだけです。
水を含みすぎた状態なら水を流すと その勢いでシートが分解されてスッキリと流す事が出来るんですね。
この時ばかりは、もったいないとか思わないで 2・3回は流すようにしてください。

この二つの事を実行すれば『お掃除シート』を使っても『トイレつまり』になる事は無くなると思います。

試してみてください。
[PR]
by winningcity | 2007-05-17 23:05 | 職人の知恵
<< パッチギ サッカーくじ >>



何年経っても馬鹿な投資家のままですみません・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30